日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

よくある質問

身近な友達に相談するのと、カウンセリングを受けることとでは、どう違うのですか?

あなたのことをよく知っている友人に自分のことを話すのは、なんといっても安心感がありますし、日常よくあることです。しかし、その友人が自分を癒すことに取り組んでいない限り、その人の「傷ついた過去の経験」を通して、「意見」をもらうことになってしまいます。

ある人がよかれと思って言っていること、していることが、相談者を傷つけているということも、日常の場面で多々見られるのです。

自分にとって良い選択をしていきたいと願っていた相談者が、人に相談する過程で傷つき、新たなトラウマをつくってしまうということがよくあります。

ですから、きちんとトレーニングを積み、自分の問題に取り組んできたカウンセラーに、冷静で専門的な見地で話しを聞いてもらい、自分が今どこを歩いているのか、わかってもらっている状態(安全な場所)でトレーニングをすることは、心のワークをする上で、とても大事な条件なのです。

アメリカでは、カウンセリングを受けることはごく自然で、日常の中に普及しています。人はカウンセラーに、自分の心の内をすべて明かすことに積極的に取り組んでいるのです。

家族や友達ならば(こんなことを言ったら、嫌われるのではないか。否定されるのではないか。)といった不安がありますが、カウンセラーと相談することによって安全に(健康的に)解決し、それを家に持ち帰って実践したり、またテーマを深めたり、新たな課題を見つけたりします。

それによって、家庭や職場、いろいろな場面での人間関係が健康的になるよう、心がけているのです。


なにか注意する点はありますか?

「注意」というわけではありませんが、カウンセラーは完全にあなたのプライバシーを守ります。そしてセッションでは、どんなことが起こっても、あなたは完全に安全です。

カウンセラーとあなたの間では、社会の通念や常識、他人の意見といったものであなたが裁かれるようなことは、決して起こりません。

あなたは完全に自由です。自分を完全に自由に表現することができます。

またその一方で、あなたが言葉にして表現しないことに関しては、カウンセラーは立ち入りません。

もっとわかりやすく言い換えると、あなたが表現しない部分に対して、カウンセラーから何かアドバイスがあることを、あなたが期待することはできません。

カウンセリングとは、アドバイスをもらうのではなく、カウンセラーという鏡を使って自分の問題を見ていく、そして最高の自分を見つけていく、ということが鍵になります。

これは精神的に自立をする作業なのです。そして、それがあなたに、自由や愛、新しい人生の展開を可能にするのです。


ソマティックサイコロジー(ソマティック心理学)とは何ですか?

「Soma」ソマとは、ギリシャ語で「身体」を意味します。医者であったウイルヘルム・ライヒによって、1920-30年代に初めてソマティック心理学として開発されました。

ソマティック心理学は、思考から発せられる言語とは別のやり方で、より正直に語られる「身体からの声」を、身体の「生きているプロセス」として基礎に置いています。

「身体の声」はとても微かなものではありますが、訓練された教育者やセラピストにとっては明らかなものです。

例えば、身体の中にある緊張、息を殺している状態、歯を食いしばっている、貧乏ゆすりなどは、すべて「感情的な鎧」を身にまとっているサインです。

それは、クライエントが日頃どのように感じ、自分自身をどうとらえているか、世界をどのようにとらえているのかを、セラピストに知らせてくれるものなのです。


どういうことが、相談できるのでしょう?

このカウンセリングは、完全にオーダーメイドです。洋服で例えるなら、初めからすべて自分のサイズに合わせたものが作られていきます。ですから、あなたの疑問がそのままスタートになります。

どんなことを的に絞ったらいいのかわからない、何となく不安・・・という人もいるでしょうし、自分が目指すゴール(精神的な、あるいは物理的な、または感情的な)のために、これだけのことをクリアしたいと、箇条書きにして渡してくださるところかもしれません。

自由にご自分と対話して、新しい自分を発見することの喜びや、ワクワク感を楽しんでください。あるいは、人生に問題として立ち現れていることを解決する機会を作りましょう。